カリモク家具では、木工家具の品質を確保するために、生産体制を整えています

温かみのある自然の魅力にあふれた木製家具は、天然素材であるがゆえに割れが発生しやすい。割れの原因は、木材に含まれる水分です。そこでカリモク家具では、必要なときに必要な量の木材を使う生産システムを構築しています。このシステムは、国内メーカーだからこそ可能なのです。また、布や革などさまざまな試験に合格した素材のみを使用することに注力し、耐震試験の結果に応じて地震対策も考えています。今回は、私たちがどのように木製家具の品質を確保しているのかを見てみましょう。
カリモク家具の生産体制
カリモク家具では、木工家具の品質を確保するために、生産体制を整えています。木材を約3ヶ月から半年かけて自然乾燥させ、優れた木質へと変化させます。この間、木材の品質をチェックし、必要なものだけを使用します。この生産体制により、環境負荷の低減と必要な量の木材を使用することができるのです。
素材の音質
素材となる木材の品質を確保することはもちろん、家具に使用する素材もさまざまな試験をクリアしたものだけを使用しています。シートに使用する布や革はもちろんのこと、その他の素材についても、さまざまな試験をクリアしたものだけを使用しています。これにより、家具の品質と音質を確保しています。
地震対策
近年は、地震対策にも力を入れています。食器棚やリビングボードは、耐震試験の結果を踏まえ、対策を施したものを開発しています。これにより、地震発生時の転倒を防止し、家具の安全性を高めています。
まとめ
カリモク家具は、木製家具の品質にこだわっています。自然乾燥による優れた木質化、各種試験に合格した材料の使用、地震対策への配慮。これらの対策により、お客様に高品質で健全な家具を提供し、家具の安全性を担保しているのです。
家具、家電をサブスク・レンタルのおすすめはこのサイトがおすすめ