タブレット学習できる教材として人気を二分する通信教育

スマイルゼミはタブレット1台ですべての教科を学べる通信教育です。全ての教科というのは小学校なら英語も含めた5科目、中学校なら副教科も含めた9科目です。実は中学生で9科目学習ができつ通信教育は、スマイルゼミと進研ゼミしかありません。副教科は高校受験の内申点において大きなウエイトを占めているため軽視することができません。スマイルゼミとチャレンジタッチはタブレット学習という共通点のほかに、中学生コースでは9教科学習できる共通点があったのです。
またスマイルゼミとチャレンジタッチは早期解約の際に、罰金的な手数料がかかることや専用タブレットを使用していることなど、たくさんの共通点があるタブレット学習教材であることも知られています。スマイルゼミとチャレンジタッチの比較では、タブレット1台で全ての勉強ができるスマイルゼミのほうが料金的には高いことがわかります。
個人的にはスマイルゼミのほうがタブレットとしてのスペックが高いので、料金的に高いのも仕方がないと感じています。スマイルゼミは紙とえんぴつに書くかのごとく、きわめて小さな文字まですんなりと書けるタッチペンを活かして学びます。タブレットの余白部分に書き込めたり、画面に触れて操縦したり、動画であるとか音声を閲覧したり聞き及んだり。スマイルゼミは感覚に影響を及ぼすことによって、ペーパー教材で容易ではなかった高水準の学習効を生み出すこと実現しています。
さらには親御さんがスマホから受講状態をキャッチできる「みまもるネット」も装備されているので、我が子の進捗状況がぱっと見でわかったり、LINEのような機能で連絡を取り合ったできることもスマイルゼミの人気を支えています。ただ選択問題では誤タッチで運良く正解してしまうリスクがあるのはチャレンジタッチも同様です。進研ゼミのチャレンジタッチは幼児から高校生までのコースがあるのに対して、スマイルゼミは幼児から中学生コースまでしかないという違いがあります。
タブレット学習できる教材として人気を二分する通信教育であるスマイルゼミとチャレンジタッチのどちらにするか、悩んで決められないと感じている親御さんも多いのも頷けます。どちらのタブレット教材を選んだにしろ、とりあえずは選んだ方で家庭学習の習慣をつけてもらいたいですね。