ブルースカイの定義

ブルースカイの定義とは?
青空(あおぞら)とは、晴れた日の空のことで、転じて「青空市場」「青空教室」のように、屋外や野外に天井がないことを意味する。
ブルースカイの別名は?
青い空。大きな空。碧空(へきくう)。
なぜ青空なのですか?
通常、大気中には小さな粒子が存在します。光はこれらの粒子によって散乱されるが、波長の短い光ほど強く散乱され、方向転換される。つまり、太陽光から波長の短い青い光が散乱して、これが私たちの目に映るわけです。だから、空は青い。
子供が「どうして空は青いの」と聞いたらどうしますか?
なぜ空は青く見えるのか?太陽の光が空気中を通過するとき、空気中の小さな粒子や塵に当たってさまざまな方向に散乱します。青い光は、赤やオレンジの光に比べて散乱しやすいので、青い光が空に広がって青く見えるのです。
空と海、どちらがより青いか?
また、日中の空が青く見えるのは、太陽が真上にあるため、太陽光が大気中を進む距離が短くなり、青い光が適度に拡散されるからです。海が青いのは、もうひとつの理由があります。水の分子は赤い光を吸収する。一方、青や緑の光は拡散しやすいため、海の中では吸収されずに表面で反射されます。