内閣支持率が大幅下落 旧統一教会問題、支持層でも「評価せず」多数!?

朝日新聞社が27日、28日に実施した全国世論調査(電話)。岸田文雄内閣の支持率は47%(前回7月調査57%)に急落した。不支持率は39%(前回25%)に跳ね上がり、昨年10月の内閣発足以来最高だった2月の30%を大きく上回った。政治家と旧世界平和統一教会・統一家庭連合との問題をめぐる岸田首相の対応については、「評価する」が21%、「評価しない」が65%だった。
[図表】旧統一教会の友好団体の支援はどうなった?
 政党別の内閣支持率・不支持率は、自民党支持層では80%(同88%)。しかし、無党派層の不支持率は52%(同30%)で、前回最高だった2月の36%を大きく上回った。
 内閣支持層では、政治家と旧統一教会の問題をめぐる首相の対応について、「評価する」が37%、「評価しない」が48%。不支持派では、首相の対応を「評価する」は5%にとどまり、「評価しない」が89%。