期間工は稼げるけどしんどい?どの辺りがきついのか解説します!

工場で一定期間働くと、給料は高いし福利厚生も充実しているけれど、肉体的・精神的にきついという話を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。
今回は、工場勤務の内容や、経験者が辛いと感じた本当の理由、比較的負担が少ないと言われる工場勤務の事例をご紹介します。
期間工とは、一定期間勤務する契約社員のこと。
契約社員とも呼ばれ、工場の繁忙期には多くの求人がある。
大手自動車工場や電子部品製造工場で募集されることが多い。
ライン作業が多いので、未経験者でも働きやすいのが特徴です。
また、派遣ではなく直接雇用の求人が多く、正社員としての登録が期待できることもよく知られています。
まとまったお金が必要で、短期間で集中的に稼ぎたい方や、大手企業の正社員を目指す方に向いている仕事です。
期間限定の建設作業員として働いたことがある人へのアンケートによると、8割が「仕事がきつかった」、2割が「つらくなかった」と回答しています。
短期間で稼げる分、仕事はハードになりがちだが、一概に「ハード」とは言い切れない。
なぜなら、所属する工場によって仕事の内容が異なり、同じ仕事でも大変と感じるかどうかは人によって異なるからです。
工場での勤務を検討しているものの、本当に言われているほど仕事がきついのか心配な方は、次の項目で仕事がきついと言われる理由を具体的に確認することをおすすめします。
工場勤務は体力や立ち仕事が多いため、体力的にきついと感じる人が多い。
特に力仕事に慣れていない人は、きついと感じる人が多いかもしれません。
しかし、働き始めた当初は慣れない作業で体力的にきついと感じても、作業に慣れ、効率的に仕事ができるようになればきつさは軽減されます。
また、仕事の種類によっては、ほとんどの時間座っていなければならないものもあります。
体力に自信のない方は、派遣の仕事を探す際に、仕事内容を慎重に選ぶと安心です。
また、仕事内容だけでなく、寮での集団生活が「つらい」と感じるケースもあるようです。
寮生活に不満があっても、仕事がきついと感じれば、心身ともに休まることはないでしょう。
しかし、寮は家賃や光熱費がかからない場合が多く、寮費や光熱費が必要な場合でも1万円以下という場合がほとんどです。
そのため、生活費にプラスして寮で生活することで節約する人も多いようです。
きついが稼げる期間工。
おすすめについては下のページでランキング形式で発表しています。ぜひ応募の参考にしてください。
稼げる仕事探し