酵素の効果

酵素は、食べたものを消化、吸収し、代謝するなど、体にとって欠かすことのできない大切なものです。
プロテアーゼはたんぱく質をアミノ酸に分解する酵素で、果物のパパイヤに含まれるパパインやパイナップルに含まれるブロメラインなど、たくさんの種類があります。
さまざまな酵素のうち、体の中ではたらく大切な酵素の一つが食べたものを消化してくれる酵素です。
消化酵素はそれぞれ、でんぷんを分解する酵素とか、たんぱく質を分解する酵素、それと脂質を分解する酵素に分けることができます。
アミラーゼ・・・でんぷんをブドウ糖に分解する酵素
プロテアーゼ・・・たんぱく質をアミノ酸に分解する酵素
リパーゼ・・・脂肪を脂肪酸とグリセロールに分解する酵素
になります。
さらにたんぱく質を分解するプロテアーゼの中には、ペプシンやトリプシン、キモトリプシンとか、パパイヤに含まれるパパイン、またパイナップルに含まれるブロメラインといったように数多くの消化酵素の種類があります。
このほか、酵素は消化以外にも代謝にも重要なはたらきを持っています。
食べ物から吸収された栄養素でエネルギーを作り出したり、有害な物質を尿などと一緒に排泄したり、酵素は健康を維持するために多くのはたらきをしています。
酵素は、体の中で行われているほとんどの機能に関与しているため、老化によって体内で生成される酵素の量が低下してくると、健康にも悪い影響を与えてしまう恐れが出てきます。
高齢者は特に消化器官に過剰な負担をかけないような食生活を心がけることが健康を維持するためには大切です。
萬寿のしずく 販売店