音楽制作をしている時に上手く行かない場合に作業している事

その中で楽曲制作を代表に述べていきます。以前は作詞と作曲してから編曲をする楽曲制作をしているのが主だったのですが、今日において楽曲制作から作曲、作詞をするほうが便利な世の中になってきたが私は従来の方法で楽曲制作をしている。しかし、活動を休止したために、今日の楽曲制作が主になったことを知って制作方法を身につけるためにブログやYou Tube配信している物を参照して楽曲制作を行うようになりました。しかし、編曲作業を決めるために楽器選びや従来考えなかった楽器の性能を引き出す方法が理解できないために悩みました。締切は別としてその時に考えたのは、1、タイトルを1つに絞るよりタイトルに対して複数の曲を作ることをしました。2、1つ目に思案が出来なければ2つ目の制作にかかることを試みました。3つ目は制作にかかる時に1フレーズを別々に作り上げることです。そうすれば、完成されなくても進捗ができるので複数の楽曲制作に関する仕上がりに足並みが整って、完成できたときには順番ではありますが1曲以上の出来上がりになりました。以上の事から音楽制作に関しては2通りの制作方法があることで2刀流の技法を身につけることが出来ました。完成するには時間がかかるかもしれませんが完成すれば結果は元よりやりがいを感じることができます。