もう「ググる」若者はいない? Z世代ならではのSNSの活用法とは!?

ジェネレーションZはググらない」という言葉を聞いたことがありますか?
 2006年に流行語大賞に選ばれた「ググる」という言葉が流行しました。Googleで検索する」という意味の俗語で、インターネット上で使われるようになったのが始まりです。実際の会話では、「Google」の部分が曖昧になり、「Webを検索する」という意味で使われることが多くなっている。
ジェネレーションZが選ぶ2022年上半期のトレンドランキング
ジェネレーションZとは?
 ジェネレーションZとは、テレビよりもSNSを好むなどマスメディア離れが進み、知名度や一般的なイメージよりも自分の価値観に合うかどうかを重視する25歳以下の世代を指します。私たちジェネレーションZは、子どもの頃からインターネット環境に慣れ親しみ、スマートフォンやSNSを当たり前のように使ってきました。
 Z世代にとって、SNSはコミュニケーションツールであると同時に、情報収集のためのツールとしても重要な役割を担っています。1つのSNSに複数のアカウントを持ち、ジャンルや用途に応じて使い分けている人も少なくありません。もちろんWebで検索することもありますが、必要に応じて特徴の異なるSNSを使い分けることが多くなっています。このように、Z世代にとってSNSは切っても切り離せない存在になっているのです。
各SNSの特徴と活用方法
TikTok(ティックトック)。ショートムービーを作成し、共有するためのサービス。全世界で10億人以上のユーザーがいる。
 ニュースやトレンドを発信する質の高いアカウントが登場し、情報を素早くキャッチすることに長けている。また、TikTokでは「検索する」というより、アプリを何気なく見ているうちに、おすすめの動画から興味のある話題を「見つける」感じです。ただし、話題作りのために過激な表現の動画が含まれることがあるのが難点です。また、動画のアルゴリズムは本社に依存するため、ディープな検索には不向きです。
インスタグラム 写真や動画を共有するビジュアル面に特化したSNS。
 アカウント検索、ハッシュタグ検索、スポット(場所)検索で、人気の観光スポットや流行のお店を探すのに便利です。先月から地図検索機能が搭載され、周辺地域の観光地も検索できるようになった。近年、インスタグラムは「雑誌化」しており、フォロワーにとって読みやすい投稿が求められています。かつては自己表現の場であったインスタグラムですが、検索ツールとしての側面が強くなり、アメリカのティーンエイジャーが気軽にコミュニケーションできる場ではなく、企業や商品の紹介にとどまり、機能が多すぎることが問題視されています。これがInstagramから離れる理由にもなっている。
ツイッター 短い文章(ツイート)を投稿することができるリアルタイム性の高いSNS。
 圧倒的にスピードが速い。世界中の速報をいち早く入手できるのがメリット。また、「#(ハッシュタグ)」の使用により、特定のカテゴリーで検索する傾向があり、情報の拡散力も強い。匿名性が高いため自由に発言できるが、マナーや情報の信ぴょう性には注意が必要である。
ピンタレスト PinterestのサイトやPinterestに掲載されている画像を自分の「ボード」に集めることができる画像収集サービス。
 SNSではなく、アイデア収集のためのツールである。フォロワーに惑わされることなく、自分の好きを見つけることができる。視覚的・感覚的に使える反面、慣れるまで使いにくいという声もあります。
 ここまでの比較として、Instagramは主に過去の出来事や思い出を共有することができ、Twitterは今昔の情報を中心に発信しています。このように考えると、過去や現在ではなく、未来の自分のために何かをするためのツールであるPinterestは、新たな価値観といえるのではないでしょうか。
YouTube グーグル株式会社が運営する世界最大の動画共有サービス。ショートムービーやショッピングなど、日々新しい機能が追加されている。
 ハウツーや作り方、レシピなどの動画を見るのに最適なサービスです。再生速度の変更や一時停止ができるのも嬉しい機能です。
Google Googleが提供する検索エンジン
 目的地までの道案内や、施設・店舗の営業時間検索に便利な「GoogleMap」。GoogleMapは、目的地までの道順や施設、店舗の営業時間を検索するのに便利です。こうした機能の一方で、SEOに最適化されたサイトしか表示されない、広告スポンサーが多く「現実味がない」という批判も少なくない。
 Googleは、これらの話題について、インフルエンサーや著名人を起用した広告を打ち出しています。ターゲットは若い世代、いわゆる “ジェネレーションZ “だと感じています。検索ツールが多様化する中、世界一の検索ツールであるグーグルも、ユーザー層の拡大を目指し続けなければならないのでしょう。
Shazam:「楽曲を認識し、識別する」サービス。