1日の平均取引量と時間平均量

一日の平均取引量
Average Daily Trading Volume(略称AADV)は、すべてのポジションの1日の平均取引量のことです。AADVは、期間中の取引開始日から取引終了日までの日数を合計して計算されます。取引日が2週間続く場合、保有期間のAADVは、1日目の取引開始から次の取引日の2日目の取引終了までの日数を合算して計算します。したがって、取引日が5日間続く場合、保有期間のAADVは1日目から5日目までの日数の合計として計算されます。
口座開設から14日以上取引が終了している場合、そのAADVの数値はゼロとなります(終値がゼロとなるため)。したがって、口座開設から14日以上経過した口座のAADVはゼロとなります(終値がゼロとなるため)。
時間平均取引量(取引の総量)
時間平均売買高は、保有期間中の1日の平均売買高を始値から終値までの総日数で割ったものです。
日次平均売買高(総売買高)は、保有期間の日次平均売買高を始値から終値までの日数で除したものです。日次平均売買高(売買高合計) 日次平均売買高(売買高平均) 日次平均売買高(売買高平均) 日次平均売買高(売買高平均) を取引日数で割ったものです。

競馬とオンラインカジノの税金問題|払わない人が多数?

2022年のニュースで少し驚いたものがありまして、タレントの方で競馬の払戻金に対して、税務署より数千万規模のを追徴課税されていたことがありました。これには、税制に関する不当性や疑問が大きくあり、SNSなどでも一時期話題になっていました。
何が問題かと言うと、今の税金のルールでは競馬の利益は一時所得になり、その一時所得では当たり馬券以外の経費は一切認められないということにあります。つまり、仮に年間トータルで購入した100万円の馬券に対して150万円勝った場合でも、150-100=50万円分の税金がかかるといった計算にはならないのです。
少額なら税務署も動かないですが、今回の事例のように数千万単位の的中をすると税務署から狙われる可能性がありますね。そのため、あまりにも高額の利益を出したら確定申告の対応を推奨します。
競馬などの公営ギャンブルとは別ですが、オンラインギャンブルの一種であるオンラインカジノも税金の問題があります。法的にはグレーゾーンですが、その代わりに税制面での取り締まりを強化することも予想されます。オンラインカジノは制度こそ不明確ですが、Web上での入出金履歴が残りやすく、銀行などの取引履歴など具体的な証拠から脱税がバレやすいとされていますので、こちらも注意したほうが良いでしょう。